性同一障害者の性別適合手術に保険適用の方向

浜松国際行政書士法人事務所

053-528-7125

〒430-0846 静岡県浜松市南区白羽町726番地

営業時間/9時〜18時 定休日/土・日・祝日(受付は可能)

性同一障害者の性別適合手術に保険適用の方向

コラム

2017/11/29 性同一障害者の性別適合手術に保険適用の方向

今日の新聞報道によると、「厚生労働省は、11月29日の中央社会保険医療協議会で性同一障害者の性別適合手術に保険適用するかその可否を議論するように提案する。」とのこと。

心と体が一致していない性同一障害の人が、性転換手術(子宮や精巣摘出など)を行う場合、現在は、保険適用外で、多額の費用が掛かる。

これまで、性別適合手術をした人は、約70000人おり、今後も年々増加傾向にある。2016年は約900人がすでに手術を受けているという。

現在、性同一障害を含むLGBTは、全人口の数%はいると言われており、彼らに対する差別偏見やハラスメントが問題になっている。今後社会全体で理解を深めて、差別や偏見をなくしていくことが求められている。

 

TOP